アラームのサウンドの設定の仕方を教えてください(iPhone)

この記事ではセラーから提供された音声ファイルを、iPhone端末のアラーム機能の音声(サウンド)に設定する手順について説明しています。  

この手順はiOS11でのやり方になります。OSのバージョンが違う場合は、iOS11を使うか、Appleの公式サイトで異なるバージョンでの設定方法をご自身で調べてください。


1. アプリを用意します

アラームの設定に必要なアプリは上記の4つです。
DropboxとGaragebandはダウンロード(無料)が必要です。事前にダウンロードしておいてください。

Dropboxをダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/dropbox/id327630330?mt=8

GarageBandをダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/app/garageband/id408709785?mt=8


2. メッセージで送ってもらったDropboxのURLを開きます

URLを開くと、Dropboxアプリが起動します。

アラームに設定したい音声ファイルを選択します。

画面右上の…アイコンをタップしてから、エクスポートをタップします。

別のアプリで開くをタップします。

ファイルに保存をタップします。

保存したいフォルダを選択して、追加します。

ここまでの手順でファイルアプリに音声ファイルが保存されました。


3. GarageBandを使って音声ファイルを書き出す

この手順ではGarageBandを使って新しい曲を作成し、その曲にさきほどの音声ファイルを取り込んで、最後に曲を着信音形式で書き出します。

GarageBandアプリを開きます。

右上の+アイコンをタップして新しいSongを作成します。

上のタブからTRACKSを選択して、AUDIO RECORDERボイスを選択します。

左上のバーのアイコンをタップします。

右上のループの形のアイコンをタップします。

タブのファイルをタップします。

"ファイル"から項目をブラウズを選択します。


最近使った項目、もしくはブラウズから、2の手順でファイルアプリに保存した音声ファイルを選択します。

選択した音声ファイルを長押しして、ドラッグ・アンド・ドロップでSongに取り込みます。

取り込んだ音声ファイルはこのように表示されます。

左上の▼アイコンをタップして、My Songsに戻ります。

新しく作成されたSongを長押しして、メニューを表示させ、共有をタップします。

着信音を選択します。

着信音にわかりやすい名前をつけて、書き出しをタップします。

書き出しが終わったらOKをタップします。
ここまででGarageBandを使ったステップは終了です。


4. アラームのサウンドの設定をします

時計アプリを開きます。


アラームタブを開き、左上の編集をタップします。

アラームを設定したい時間を選択します。

サウンドをタップします。

3の手順で書き出しが着信音が選択できるので、タップして選択します。

保存します。

これでアラームのサウンドの設定が完了です。